個人再生の基本

個人再生を行うとおきるデメリット!

投稿日:

個人再生は任意整理よりも借金を大きく減額することができますが、その反面デメリットも厳しくなっています。

事前にしっかりと把握しておきましょう。

個人整理で起きるデメリットは4つあります。

  1. 掛かる費用が高い
  2. ブラックリストに入ってしまう
  3. 官報で公告されてしまう
  4. 返済は続く

といった事が起こります。

それぞれ詳しく見てみましょう。

掛かる費用が高い

個人再生に掛かる費用は債務整理の中でもかなり高い部類になっています。

メインで掛かってくる費用としては弁護士費用になります。

大体の弁護士事務所が

着手金30万円、報酬金20万円の合計50万円程度の設定をしています。

さらに、自宅を残す場合は5万~10万円ほど上乗せになります。

 

そして、個人再生そのものに掛かる費用が5万円~20万円程度掛かってくるので

トータルで最大70~80万円程度に膨らむこともあります。

ブラックリストに入ってしまう

任意整理の場合は、減額を行った相手との取引ができなくなるだけですが

個人再生を行うと信用情報機関でブラックリストに登録されてしまいます。

信用情報機関にも種類があるので、どれに登録されたかと言うのは確認しないとわからなくなっています。

主にクレジットカード系はブラックリストに登録されることが多いようです。他にもローン関係は厳しくなるケースが多いですね。

 

いずれにしても、個人再生後の融資が厳しくなるので、返済計画に沿えるように資金管理は徹底しましょう。

官報で公告されてしまう

国が発行している新聞のような官報というものがあります。

これには毎日破産を行った人や個人整理を行った人の名前や住所等が公開されています。

普通は目にすることも無いようなものなので、あまり心配する必要はないです。

でも、一応公開されてしまうというデメリットは知っておいたほうがいいでしょう。

一説では、官報を毎日確認している会社もあるという話があるので、可能性としては相当低いですが

会社に見つかってしまう危険性が少しだけあります。

返済が続く

これは個人再生の仕組みなので、デメリットというべきか微妙ですが

自己破産のように借金が無くなるわけではありません。

少なくとも100万円の借金は残るので、個人再生完了後でも借金のストレスはつづきます。

それに自宅を残す場合はローンの返済も普通にあるので、苦しい状態は続くでしょう。

無理の無い返済計画を建てることが目的ではありますが、決して贅沢できるようになる手続きじゃないので、その覚悟は忘れずに。

-個人再生の基本

Copyright© 個人再生費用の相場|弁護士に個人再生を依頼する費用を紹介! , 2018 All Rights Reserved.